NEWS

子の隠し事に気づく、親子あるある!父親的目線で彼らを愛している証…!!
ジャッキー・チェン演じるスプリンターの親の勘?が冴える本編映像が解禁となりました!

忍耐強く、賢く、先生であり育ての親であるスプリンターは、いわば父親的目線でいつでもタートルズのことを思っています。時には心配する気持ちが強くなりすぎることも…。
ジャッキー・チェン演じるスプリンターは、当時の子ども達が憧れていたジャッキー・チェン像にピッタリと重なるかのように、思いやりに溢れ、強く、そしてユーモアにあふれたキャラクターです。
そんな、タートルズが自分のヒザくらいの身長だった時から、自分の子どものように育ててきたスプリンターの気持ちがわかりすぎる、ユニークながらも「親子あるある」な本編映像が解禁となりました!

暗がりの中、しのび足で家に戻ってきたタートルズたちを待ち構えていたのは、「どこに行ってた 心配したぞ!」と、心から子ども達の安否を気にしていたスプリンターです。
スーパーに買い物に行っただけなのに、帰宅が遅いタートルズたちが怖い人間世界で何かあったのでは…そんなスプリンターの親心も知らず、「ごめん」「猫がいてさ 怖くて遠回りした」と口々にその場限りの言い訳を繰り出して去ろうとするタートルズ。この“いかにもティーンらしい行動”に、親の勘(!)が働いたスプリンターは、厳しい顔をしながら「待ちなさい。買い物からすぐ戻るはずがどこ行ってた?」とズバリ問いただすと、しどろもどろになりながらも、状況に我慢できなかった真面目なレオナルドが「止めたのに 映画見るって」と正直に告白してしまいます。
親に嘘をつきごまかそうとした挙句、映画を観ていたことが判明したタートルズに対して、人を信用していないスプリンターは「まさか人間と映画を?」と立ち上がって驚き、落胆を隠せません。
しまいには嘘を突き通せなかったレオに対してミケランジェロが「ネズミ野郎」とうかつにも毒づき、すかさず“ネズミ”のスプリンターに「それを言うか?」と突っ込まれてしまう、という観ているほうにとっては刺激的なジョークも描かれています。

‘普通のティーンエイジャー’として、彼らが住む、ニューヨークのみんなに愛され受け入れられたい。そんな夢を持って過ごすタートルズの願いと、人間界で危険な目にあった経験から、タートルズたちを家族として想うが故に距離を取って平穏にさせたいと願うスプリンター。
それぞれの思いが交差した、コミカルでありながらも、誰もが経験したことのある「あるある」がぎゅっと詰まっている本編映像となっています。

新世代カメたちの新たな冒険を、スプリンターが親としての役割と葛藤しながらも見守る姿にグッと心を掴まれる<新世代タートルズ>絶賛上映中です!

キャスト&製作スタッフ陣のアツい想いがあふれ出して止まらない!!
エモすぎる”タートルズ史”を一気にひも解き、タートルズがみんなに愛されるワケがココにある!
世界中を魅了する”4人”のカメのはじまりが語られる特別映像が解禁となりました。

コミックス・テレビアニメ・実写映画、さらにはおもちゃやアパレルグッズなど、様々なコンテンツでカルチャー界を盛り上げてきた“タートルズ史“を振り返りながら、原作者・キャスト・スタッフ陣、関わるすべての人々のほとばしるカメ愛と、世界中を魅了する”4人”のカメのはじまりが語られる特別映像が解禁となりました。

冒頭、「タートルズは愛と情熱、それから真夜中のノリから生まれた」と語るのは、世界的人気を誇る“4人”のカメの生みの親、原作者のケヴィン・イーストマンです。
二本足で立たせたカメにマスク、そして手にヌンチャクを持たせた絵を友人のピーター・レアードに見せた時が“ニンジャ・タートルズ”が誕生した瞬間であったと回顧します。
“令和版”とも言えるこの最新作のプロデューサー、セス・ローゲンやその他製作スタッフ、更にはスーパーフライ役のアイス・キューブまで誰もが「タートルズに夢中だった」と口を揃えるほど、当時子どもだった彼らを筆頭に爆発的な人気があったようで、中でも監督のジェフ・ロウはおもちゃやフィギュアなど様々な形で発売されていたタートルズのグッズを「パッケージも何もかも楽しくて風変わりでそこに物語があった」と熱く語っています。

今回、完全新作としてティーンエイジャーのタートルズを誕生させるにあたり、ビジュアルに徹底的にこだわったというジェフ監督が求めたのは、彼らタートルズと同じ“ティーンエイジャーが描いたような絵”でした。
そんな新時代のタートルズをみた原作者のケヴィンは「完璧だよ。アングラ漫画みたいだ。ピーターと描いたあの絵を思い出す」と、タートルズが生まれたまさにその時とも重ね合わせて最高の賛辞を贈ります。

“受け入れられたい”と誰もが持つ感情に、深く寄り添うタートルズたち。そんなカメたちのファンはキャストやスタッフの他にも世界中に存在し、彼らが発する愛のこもった言葉に思わず感慨深そうに反応をするケヴィン。そんな彼は本作を「作りたい 描きたいものを実現できた。夢が叶ったよ」と振り返り、「61歳の今もタートルズを描いているよ。毎朝ね!」とタートルズの冒険がまだまだ続いていくことを示唆し動画は締めくくられています。

本日9月22日(金)より日本公開を迎えた本作!
先行上映でも大評判の日本語吹替版で声優を務めたボイスキャストたちが充実のアフレコを振り返る貴重なインタビュー映像が解禁となりました!
さらには、10分以上に及ぶ佐藤二朗さんのインタビューFull ver.も特別に公開しました!

SNS上を中心に大絶賛の声が殺到中の日本語吹替版で、メインキャラクターの吹替声優を務めた宮世琉弥さん齊藤京子さん(日向坂46)佐藤二朗さんの3人がアフレコ終了直後に収録した貴重なインタビュー映像が解禁となりました!

4人のカメたちのリーダーであるレオナルドを演じた宮世さんは、本作が吹替初挑戦での大抜擢となり「うれしい気持ちでいっぱいでしたし、すごく緊張していました」という本音から、少年期から身近にあったタートルズの声を演じられる喜びがあふれる表情が印象的です。注目してほしいシーンを語ったり、タートルズたちの気合の決めゼリフ「カワバンガ!」な出来事として自身のアーティストデビュー楽曲のリリースを挙げるなど、幅広い活躍を見せる宮世さんらしい回答が続きます。

低音ボイスが大きな魅力の齊藤さんも同じく吹替初挑戦。夢の一つが叶った嬉しさいっぱいに「ずっと声を張っている、常に大声を出してお腹から声を出すのが思っていた以上に難しかったですが、楽しい時間を過ごせました」と振り返ります。そして齊藤さんお馴染みの特技となった“バビ語”で本作の魅力をアピールしてくれていますが、果たしてなんと言っているのか…!?繰り返し聞いてぜひ聞き取りにチャレンジしてください。

そして本作のヴィランとなる新キャラクター、ハエのミュータントであるスーパーフライ役を演じた佐藤さんも、この強烈な役柄へのキャスティングを楽しんでいることや、家族に明かした際の笑撃リアクションなど、佐藤二朗さんワールド全開で本作の魅力を表現します。

三者三様、それでいて3人揃って実に愉快で心が高ぶるような、仕上がりへの自信をのぞかせているインタビューになっています。

今回はなんとこれだけで終わりません!
10分以上にわたって、さらに拍車のかかる佐藤二朗さんインタビューFull ver.も特別に公式チャンネルで公開となりました!

実は以前にもハエ役をやっていた経験、そのときはウ〇コも…という放送コードギリギリ!?なパワーワードの連続や、勢いのままに映画スタッフに矛先を向けて乗り切ろうとする一幕など、佐藤二朗さんでしか繰り広げることのできない領域に入ったインタビューを余すことなくすべて収録しています!!
合わせてこちらもお楽しみいただき、佐藤二朗さんから生まれるスーパーフライの名演をぜひ劇場で堪能したくなるはずです。

この度、9月19日(火)に本作の公開直前試写イベントを実施いたしました!
タートルズが最初に出会う人間で、ジャーナリストを志しニューヨーカーらしい勝気で会話センス抜群の女子高生エイプリルを演じた齊藤京子さん(日向坂46)が登場しました。充実の表情で映画をアピールしたほか、誕生日を迎えた齊藤さんへのサプライズプレゼントや、”ジャーナリスト志望”という役柄にちなんだ、タートルズたちと協力不可欠な謎解きゲームを行うなど、いよいよ3日後に迫った本作の公開がますます楽しみになるイベントとなりました。

三連休明けの午前中ながら満員御礼となった劇場に、タートルズたちと齊藤京子さんが登場すると大きな拍手が湧き起こりました。
演じたキャラクターのエイプリルのイメージカラーである黄色の鮮やかなドレスに身を包んだ齊藤さんは、ぎっしりと埋まった客席を見渡しながら「タートルズたちが一緒にいて心強いですね、ありがとう~ 私の名前のタオルも持ってきてくださっていたり、すごく嬉しいです。単独での映画のお仕事も初めて、吹替声優のお仕事も初めてで、とても嬉しく気合を入れて臨みました!皆さんこのあと観られるんですよね、本当に面白いので楽しみにしてください」と喜びあふれる挨拶をしました。
さらに「私が演じたエイプリルは表情豊かで、タートルズと出会ってめちゃくちゃ喋るカメたちを前にしたときの表情や、カメたちを高校に招待するシーンで、扉を開けたら荒れ狂っていてこんなところで良かったの!?(笑)と面白くてフフっと笑えるのでオススメポイントです。アフレコ収録はドラマや舞台と違って顔を気にしなくて良いので、とことん声だけで精いっぱい勝負できたかなと思います」と力を込めてアピールします。
また“普通の高校生になりたい”と夢見るタートルズたちが奮闘する作品とあって、自身の夢にも話が及び「今年はソロライブや、この声優のお仕事など沢山の夢を叶えられました。私のファン、総称“きょんこいず”の皆さんと沢山お話できるリアルイベントを開きたいです」と野望も明かしていました。

その後、このイベントの応援に駆けつけてくれたタートルズたちと、“ジャーナリスト志望”であるエイプリルの役柄にもちなみ、協力して謎を解く推理ゲームに挑戦することになりました!
推理もゲームも大好きです!普段から控室などでもよくやっていて自信あります!得意分野です!」とやる気満々の齊藤さんが挑むのは、自身だけが見てはいけないスクリーンに映し出されたお題ワードを、正解を知るタートルズに3つ質問をして何なのかを当てるというもの。本作に関連したワードが出される、というヒントを頼りに、〇×札を手にしたタートルズたちへの質問を考える齊藤さんは、「もう画面に出てますか!?あ、これからですか、すみません(笑)」と前のめりでフライング気味なスタートを切ってしまい照れくさそうな様子を見せます。

初めのお題“ピザ”に対し、最初の質問で「食べ物ですか?」と鋭い質問!「全員〇!?もう簡単だ!」と手ごたえアリな齊藤さんは「でも一応あと2つ質問やります!」と存分にゲームを楽しむ姿勢で、「小麦を使ったものですか?」とピンポイントな攻めで絞り、「もうあれしかない!一応もう1つ!(笑)それは大人数で食べるものですか?」とクリティカルヒットな質問に動揺したミケランジェロが〇×札を落とすほどで、見事に「ピザ!」と大正解!

続いて2問目のお題は“スケートボード”。「人間や動物のような生き物ですか?」に×が出されると、「どうすればいいんだろう。食べ物の連続は無いか…」と熟考し、「乗り物ですか?」と見事な一手!あまりに勘のいい齊藤さんに、ラファエロが×を出して引っかけようとするやんちゃな一幕に会場も盛り上がりました。
すんなりいくかと思われた最後の質問は「ものすごいスピードが出ますか?時速80~90kmみたいな!」と投げかけて即カメたちから×が出されると、アテが外れた齊藤さんが迷走している様子にすかさずレオナルドがボードを乗りこなすジェスチャーで助け舟を出します。
おー!わかったわかった!ありがとうレオ!ポスターにもありましたね、スケートボ…あれ何て名前だっけ、スノーボードじゃなくてスケートボー…私やったことないから分からなくて、ちょっと待ってください、え」と齊藤さんが正解にたどり着いていることを会場中がわかっていながら、まさかの本人だけが自信をもてずにアタフタしている様子を見守る微笑ましい時間も流れつつ、「…スケートボード!?」と無事に正解!

劇中の役柄さながら、タートルズたちと力を合わせて難局を乗り越えていく絆が垣間見られました。

そしてここで、今月5日に26歳の誕生日を迎えた齊藤さんへ、タートルズたちからサプライズプレゼント!
齊藤さん自身の背丈ほどもある何かが黒いベールに包まれて会場に登場し、カメのリーダー・レオナルドと一緒にベールをめくると、レオナルドをかたどった特製のフラワーアレンジメントが現れました。
えー!びっくり!カワイイ!嬉しい~!!ありがとうございます、まさかこんなサプライズを頂けるとは思っていなくて本当に嬉しいです。一番目立つ玄関に置きたいですね。この『ミュータント・タートルズ』が大ヒットしますように、という抱負で、26歳も頑張ります!」と目を輝かせ大感激していました。

喜び冷めやらぬなか終了の時間が迫り、いよいよあと3日後と迫った日本公開にむけて、最後に齊藤さんは「お仕事はすべて楽しいですけど、声優のアフレコ収録は特に楽しいと今回本当に思って、また是非やりたいという気持ちが強くなりました。この作品は笑いあり涙あり、心が浄化されたりほっこりしたりもしますし、夢を追い続けていたら叶えられるんだと希望を持てる映画だと思います」とアピールを忘れません。

最後にはタートルバンドを着用した満員のファンたちと写真撮影も行われ「カワバンガ!!」と大盛りあがりで、目前に近づいた本作の全国公開がますます楽しみになるイベントとなりました。

ベーコン エッグ&チーズ!
世界的ポップカルチャーアイコン 新世代カメたちによる全世代に向けた、聞けば聞くほどクセになる?グルーヴ感あふれる特別映像が解禁となりました!

遊びゴコロを忘れない!愛、情熱、そして深夜のふざけ合いから生まれた「ミュータント・タートルズ」
「ミュータント・タートルズ」は、1983年11月にコミック作家で友人同士であるケヴィン・イーストマンとピーター・レアードが、一緒に住んでいたアパートのリビングルームで“お互いを笑わせようとしていた”ときに、偶然に誕生しました。
もしブルース・リーが動物だったら一番面白い動物はなんだろう?」「立ち上がってヌンチャクを振り回す、マスクを被ったカメ…」「ニンジャ・タートルズ!」「“ティーンエイジ・ミュータント”もつけよう」。どんどん膨らむアイディアが、世界中の子どもたちの心を鷲掴みにした「ミュータント・タートルズ」の原型となり、その後空前の大ヒットを記録し、現代までその遊びゴコロは引き継がれることとなりました。

ファンによるファンのための映画
「ミュータント・タートルズ」のアニメーションシリーズが公開されたのが1987年。
本作のプロデューサー、セス・ローゲンは5歳の頃だったといいます。「あらゆる形で影響を受けました。空手を始めたのもタートルズが理由だったと思う。大好きでした。とにかく夢中だったんです。」と、タートルズたちの魅力にとりこになっていた幼少時代を振り返ります。
そして、監督のジェフ・ロウも例外ではなく、「もし子供の頃に、タートルズのアクション・フィギュアに何時間も没頭して、自らの冒険を作り上げていなかったら…。今こうして監督になっていなかったかもしれないね。」とタートルズが今の彼を形成するのに欠かせない要因だったと明かします。
今回のタートルズたちを新たな高みへと導くために、挑戦を常に求められた製作チームも、なんと全員が本作のファンだったといいます。

そんな「カメ愛」を存分に持ったスタッフがズラリと首をそろえた本作から、脈々と引き継がれる“遊びゴコロ”をみっちりと詰めこんだ、聞けば聞くほどクセになるグルーブ感あふれる特別映像が解禁しました!
オタクのドナテロが「俺ギャング 服キメキメ!」と軽快なビートを刻み、「ベーコン チーズ&エッグ!」というセリフが心地よいリズムに変化すると、本作のクセ強めのキャラクターが次々とテンポ良く飛び出してきます。
最後は車で宙を飛び「カワバンガ!」とバッチリ決めたかと思いきや、ジャーナリストを目指しているヒロインの高校生、エイプリルに「全てを記録するわけ?ほぼクズよ」とのオチもつき、ズコー!と意味不明な動きをするタートルズ。見る者を笑顔にし、何度も繰り返して見たくなる、そして最新作が放つグルービーでノリノリなパワーを一瞬で感じさせてくれる、そんな特別映像となっています。

タートルズで育った世代が次の世代のために、そしてかつての自分たちのために、最高のタートルズ映画を全身全霊で目指した本作。製作陣全ての子どもの頃からの「カメ愛」が存分に詰まった、<新世代タートルズ>はいよいよ9月22日(金)公開です!新たな冒険に是非ご期待ください!

この度、9月16日(土)に日本最速試写イベントを実施しました!
土屋神葉さん(ラファエロ役)、戸谷菊之介さん(ミケランジェロ役)、榊原優希さん(ドナテロ役)と、彼らの師匠であり父親的存在ともなるネズミのスプリンターを演じた堀内賢雄さんが登場し、大人気キャラクターの吹替を務めた喜びや作品の魅力、収録時のエピソードなどを明かし、タートルバンド(アイマスク)を着用したファンと共に、いよいよ1週間を切った日本公開にむけ意気上がるイベントとなりました。

またこれに合わせ、日本語吹替版の本編映像を解禁しました!!

装い新たな新生タートルズたちを演じた、土屋さん、戸谷さん、榊原さんと、堀内さんが登場すると、日本最速となる上映を待ちわびていたファンから万雷の拍手で迎えられイベントがスタート。
土屋さんは「わたくしはミュータント・タートルズが本当に大好きだったので、ここに立って居られることが幸せです!!」とひときわ感慨深げに挨拶し、戸谷さんは「最速試写、最後まで楽しんでください!」と続け、榊原さんは「ドナレ…ドナテロ役の!(笑)」と一発目で噛んでしまうハプニングもありながら「とても面白いです、最高に楽しんでください!」と盛り上げました。フレッシュな面々の挨拶が続いたあとに堀内さんは「僕も、昔は彼らと同じような声をしていたんですよ(笑) いまは父親のようですね。本当にこの作品おもしろいですよ!」とジョークも交えながら会場を沸かせました。

それぞれがキャラクターのイメージカラーであしらわれたスーツでばっちり決めた面々。
土屋さんは特にタートルズのプロモーションが行われている各所に必ず出没していることがSNSでも話題になっており、「タートルズ自分の出ている作品は追っかけがちなんですが、小さいころから本当に好きだったタートルズは追っかけずにはいられない、いまの悩みは大阪まで行っちゃうかどうか!(※注 大阪・アメリカ村で本作公開記念イベント開催中)都内は全クリしようと思って!」と熱すぎるコメントに、インナーも自前で購入したタートルズTシャツ、そしてポケットには自身が小さいころからずっと一緒に遊んできたラファエロのフィギュアまでも用意して登場!「この景色を見せてあげようと思って。すべてのキャラクターで声を当てて遊んでましたが、代表してラファエロを連れてきました」と胸を打つ感動エピソードに会場もあたたかな拍手に包まれました。

戸谷さんは映画の主要キャラで吹替を務めるのが初めてとなる記念すべき作品とあって、「収録できる時間が長いので、ずっと(キャラクターに)入り込んでいられるのが映画のステキなところだと感じました。テンションが上がるところはずっと上がりっぱなしで疲れもしました」と噛みしめるように語りました。

榊原さんは土屋さんと同時に収録していたそうで「居てくれるのが心強くて、お互いに影響しあって演じられたと思います。あと、土屋さん以外もブースにいたんですよ。人物?カメ?が!土屋さんが毎回タートルズの人形を連れてきて、ブースの中に並べて(笑) 見守ってもらいながら勇気をもらって演じました」と驚きのエピソードを明かしました。
土屋さんは嬉しそうに「スタジオがレンガ調ですごくタートルズに合ってて、穴もところどころあってタートルズたちを飛び出させたりくつろいだり。子供ゴコロを持って出来たと思います」と振り返り、さらに「同年代だからこそ遊べたんです、賢雄さんがいらしたらちょっとビビって出来なかった(笑)」と漏らすと堀内さんから「そんなことないだろ絶対!(笑)」とすかさずツッコまれる一幕など、世代の垣根も関係なく盛り上がる一同。

堀内さんといえば、日本では初代のレオナルドの吹替声優として知られ、「月日が経ってまた関われたのがこんなに嬉しいことはない。僕は40年この仕事をしてきましたが、今回のタートルズのメンバー、本当に大変だし凄いですよ!僕が観てきたいろんな作品のなかでもTOP5に入るくらい。ラップもあり、セリフが被り続ける応酬で、僕も昔レオナルドをやってたから練習してみたんだけど、テンポについていけない。出来上がった作品を観て、『やったな、息子たち』と本当に驚きました」とスプリンター師匠の声で直々の熱い言葉がかけられ、3人も胸いっぱいの様子で喜んでいました。
また、オリジナル版ではスプリンター役をジャッキー・チェンが演じているとあって、ずっとジャッキーの専属として担当し先日声優業の引退を表明した石丸博也さんにも触れ「公私ともにすごくお世話になり、よくお酒を飲んだりお芝居の話もしたので、そういう想いも含めて感慨深いものがあった。自分にとっても作品に投影できました。」と感動的なコメントが続きました。

それほど全員でテンポの良すぎるぐらいの掛け合いを見事に演じきり、レジェンド声優の堀内さんも驚くレベルの仕上がりとなるも、土屋さんは「全員の声が合わさったとき、すごく頑張ったところがアレ?聞こえない?みたいなところもあって(笑)」と語り、堀内さんは「観れば分かると思うけど、ほとんど周りを聞いてないよね?(笑)」、土屋さんは「劇場は音響が素晴らしいし、きっと耳を澄ませて4回観れば全部わかるんじゃないかと!僕も通いたいです」と上手いアピールで会場を沸かせました。

終盤には、この最速上映を応援に駆け付けたスペシャルゲストとして、ラファエロ、ミケランジェロ、ドナテロ、レオナルドの4人が登場しました!
各キャラクターの挨拶をなんとボイスキャスト陣が生で披露する展開で会場は大盛り上がり!土屋さんとラファエロ、戸谷さんとミケランジェロ、榊原さんとドナテロが見事に息の合った挨拶を見せると、レオナルドは堀内さんが演じたネズミのスプリンターのフィギュアを手に持ちながらのパフォーマンスで、全員でこぶしを突き上げ「カワバンガー!!」にテンション最高潮になりました!土屋さんが「ディテールがすごい!ラファエロの胸の十字の傷とか!ね!」と興奮した様子でした。

土屋さんは「昔からのタートルズの良さに加え、今回は新しい一面も見せてくれるので皆さん期待してください!」とファンならではの視点で挨拶。
戸谷さんは「ティーンエイジャー感満載でカワイイ面も多いのでぜひ楽しんでください!」とミケランジェロの魅力アピールしました。
榊原さんは「映像も音楽も物語もサイコーで、ヒーローでありながら少年である彼らに引き込まれて応援したくなるはずです!」と力を込めました。
堀内さんは「まさしく芸術のようで素晴らしいし、人間の根源にも触れて涙するところもある。ミュータント・タートルズの原点にも戻り、またさらに続いていくことも感じられる素敵な作品です」と想いの溢れるコメント。

ラストには日本最速で映画を鑑賞できるレアな機会を楽しみに集結し、タートルバンド(アイマスク)を着用したファンと盛大に「カワバンガ!」で締め、盛況のまま本イベントの幕は閉じました。

またこれに合わせ、緻密で遊び心に満ちた本作のアニメーションと、彼らが演じる新たなタートルズたちのキャラクターの魅力がギュッと凝縮され、スピード感満載なアクションとやんちゃなやりとりに釘付け必至の日本語吹替版本編映像も解禁しました!!

日本での公開もあと1週間を切り、‘普通のティーンエイジャー’として人間たちと一緒に、普通の生活を楽しく過ごしたいー そう願っていたカメたちの運命は果たしてどうなるのでしょうか!? 9月の日本公開にご期待ください!

ノートの端に書いたいたずら書きが動き出す!?
見たことがないビジュアルの追求!!目指したのは「”ティーン”が描いた絵」

本作を鑑賞するにあたって大・大!注目ポイントとなる、こだわり抜かれたスタイリッシュで心躍るアニメーションスタイルについて、プロデューサーのセス・ローゲンと監督のジェフ・ロウ、ほか製作陣がコメントした特別映像が解禁されました!

NYを影で牛耳っている最強のヴィラン・スーパーフライ(巨大なハエ)を、声優初挑戦にも関わらずオリジナリティに溢れ魅力的に演じたアイス・キューブは、自身の子供たちもタートルズのフィギュアやコミック、ベッドシーツを持っているくらい、タートルズが日常生活に当たり前に存在をしていたと語ります。そんな長年親しんでいたタートルズが挑戦した新しいアニメーションについて「雰囲気が個性的で、新鮮な作品だ」と太鼓判を押しています。
プロデューサーのセス・ローゲンが、タートルズの中に、すべてのルールを破り何もかも自分たちのやり方で行うリアルなティーンの精神を見出し、監督のジェフ・ロウと共にストーリーの方向性について、第一にティーンエイジャーらしさ、そして第二にタートルズらしさを、重要な要素とすることを決定したといいます。
この超個性的なアニメーションは一体どのようにして生まれたのでしょうか。そして、ティーンに対して「楽しく、親近感があるタートルズをつくりたかった」というセス・ローゲンの想いはどのようにして実現されたのでしょうか。

ティーンエイジャーを題材にした映画を、ティーンエイジャーが作ったように見せたらどうだろう?」ロウのアイディアは、大半のCG映画のように洗練されたものではなく、このストーリーのヒーローたちのように、雑然と、楽しく、予想不可能な映画を作りたいというものでした。
見た目も中身もティーンらしい、ティーンの絵」(プロデューサー、エヴァン・ゴールドバーグ)というのは、「10代の頃授業に退屈してノートの端に描いた落書き」のイメージだと語ります。CGの技術が進化し続けるアニメーションの制作現場においては驚きの、この時代に逆行するかのような常識破りのこのアイディアは、コンピューター・アニメーションとは全く違い、それを使ってアニメーションを生み出すのはとても難しく、誰もが気に入るスタイルに落ち着くまでに、膨大な努力と果てしない想像力、そして多くの失敗を要するといいます。
ロウは、自分が不可能に近いことを求めていることを理解していましたが、「ゆがんだ線にめちゃくちゃな遠近法線、線を繋げていびつな形にする。」と語り、その精神を“ティーンエネルギー”と呼びました。
クリエイター達は、一見間違いのように見える線を残したり、線からはみ出して色を塗ったりと、さまざまな部分に“不完全さ”を施すため、CGアニメーションでは滅多にない仕事である手描きをしたと語ります。
特別映像では、いたずら書きの信号機を四方から眺めることができるコンセプトアートもお披露目され、その映像からもロウ監督と製作スタッフのクリエイティブにかける強いこだわりを、ひしひしと感じることができます。

見た事ないビジュアルを追い求めれば、観客は喜んでくれる。」という、セス・ローゲンの思いを見事に叶えた、驚愕の手書き質感のアニメーションはまさに“ティーンエネルギー”に満ち溢れ、スクリーンの隅々まで目を凝らしたくなること必至です!
新世代カメたちの新たな冒険にふさわしく、遊び心が満載な、セス・ローゲンがカメ愛を注ぎ込んで作り出す<新世代タートルズ>に是非ご期待ください!

「ガッツリ音響の良い劇場で聴くヒップホップってオモシロい」
「仲間の大切さ、手を差し伸べてくれる人がいることに気付ける」
HIPHOPアーティストKREVAが本作のセットリストの魅力を解説!本作を存分に語りつくすコメント映像が解禁となりました!

このたび一足早く本作を鑑賞したのは大人気HIPHOPアーティストのKREVAさん
NYの地下で身を潜めるように生活し、人間に受け入れてもらうため奮闘するタートルズたちと自身の共通点を聞かれると、「受け入れてほしいところに受け入れられない切なさ」と回答します。
ヒップホップはいまでこそ世界で最も聴かれている音楽ジャンルを確立していますが、少し前までは好きな人が自身の周囲にいなかったようで”少数派の心情”につながるものを感じたといいます。さらに当時ずっと戦っている感覚を持っていた自身に対し、高望みをしないタートルズたちを「今っぽくて良い」と評価します。

本作では主に90年代から2000年代初頭に一世を風靡したヒップホップなど、グルーヴ感満載のナンバーが数多く使用されていますが、そんな本作のサントラを「ヒップホップが生活にあった人が作っている感じ」とアーティストならではの視点で振り返りました。
さらに「バトルシーンや怖そうなシーンでヒップホップを流す使い方よりもスムース」「日常にある感じがすごく好印象」と劇中での様々な楽曲の使われ方、そのシーンとのマッチングを気に入ったようで、それら名曲の数々を解説しながら「ガッツリ音響の良い劇場で聴くヒップホップってオモシロい」と劇場での鑑賞を勧めます。

最後には自身のティーンエイジャー時代と作中のタートルズたちを重ねつつ「仲間の大切さ、手を差し伸べてくれる人がいることに気付ける映画」と作品から受け取ったメッセージを噛みしめながらアピールしていました。

若くてフレッシュなティーンエイジ、15歳のタートルズを演じたのは、才能溢れるZ世代!
ジャッキー・チェンやアイス・キューブ他、各界のレジェンドとのコラボレーションに全世代が大興奮必至!
超豪華キャストの愉快すぎるアフレコ収録メイキングも収めた特別映像が解禁となりました!

映像の冒頭、「物心ついた頃には、タートルズのファンだった。」と、本作のプロデューサーとキャストを務めたセス・ローゲンが登場して語ります。
『ミュータント・タートルズ:ミュータント・パニック!』は、「新世代に向けて作った。」とキッパリ宣言しているように、タートルズの中にリアルなティーンの精神を見出して作り上げられた本作のボイスキャストには、ローゲンのセンスが存分に発揮され「最高!」な、幅広い世代の、幅広いエンタメジャンルの先駆者たちといえる魅力的な顔ぶれが揃いました。
ラファ役のブレイディ・ヌーン、ドナ役のマイカ・アビー、レオ役のニコラス・カントゥ、そしてマイキー役のシャモン・ブラウン・Jrとハリウッド新時代を担っていく新鋭たちがONE TEAMとなり、彼らの関係性をより深め魅力的に演出するため、監督のジェフ・ロウは、「4人の撮影は同時に行った」と明かします。
映像には和気あいあいと演技指導をしている舞台裏や、キャストがノリノリでアフレコ収録をしている様子が映し出され、「彼らの掛け合いで個性が出せたよ」と、一生に一度の大冒険をしようとしている4人の兄弟にぴったりの雰囲気を作り上げることに成功しました。

そして、日本でも人気の高いキャラクターであるタートルズの師匠、拳法の達人・スプリンター先生のキャストを務めたのは、セスが「天才だ」と讃えるジャッキー・チェンです。
忍耐強く、賢く、先生であり育ての父親であるスプリンターを、両手を突き上げながら笑顔で演じる様子に、ジャッキーに憧れた少年時代を過ごしたローゲンや、他スタッフも感激したに違いありません。
また、いつでも事件を追っているジャーナリストのたまごエイプリル・オニール役を演じたのは、脚本家、俳優、コメディアンと多彩な顔を持つアヨ・エデビリ
タートルズと出会い、いつでもスクープを狙う好奇心旺盛なエイプリルをフレッシュな声で演じ観客を魅了します。

声優の性格をキャラに反映させた」(ロウ監督)という、個性豊かなミュータント達も見所の一つです。
早朝6時にサツの手入れ」とまるでラップを刻むようなリズミカルなセリフを繰り出すのは、スーパーフライ役を務めたラッパー、アイス・キューブです。とても賢い、スーパー知能を持つハエのミュータントを個性たっぷりに務め、アニメーションの声優を務めるのは初めてとは思えない、最強でありながらユーモアも感じさせるヴィランを作り上げました。
他にも、プロデューサーとキャストを兼任しているセス・ローゲンはイカれたイノシシのビーバップを、俳優でもあり偉大なプロレスラーでもあるジョン・シナは、戦車のような筋肉でできたサイのロックステディとして、ビーバップとのいかれたコンビを息ピッタリに演じています。
最高のバイブスと愛を感じたい、チルいミュータントのモンド・ゲッコー役に『アントマン&ワスプ:クアントマニア』のポール・ラッド、いつでも名前を歌詞にして歌ってる巨大なマンタ、レイ・フィレット役にラッパーのポスト・マローン
他にも、レザー・ヘッド役にローズ・バーン、バクスター・ストックマン役にジャンカルロ・エスポジート、ウィングナット役にナターシャ・ディミトリウ、ジンギス・フロッグ役にハンニバル・バレス、シンシア・ユートロム役は、コメディアンのマーヤ・ルドルフと、多彩な豪華なキャストが集結し、個性豊かなミュータントが生まれました。

子供のころより’危険な存在’である人間から隠れて暮らしてきたタートルズ。’普通のティーンエイジャー’として彼らが住むニューヨークのみんなに愛され受け入れられたいーその願いを叶えるために…。ハリウッドを背負う才能溢れたZ世代と、個性豊かな各界のレジェンド達のコラボレーションに興奮必至です!9月22日の日本公開にご期待ください!

この度、9月5日(火)に『ミュータント・タートルズ:ミュータント・パニック!』 ティーンエイジャーの夢祈願!イベントを開催いたしました!
タートルズにちなみ、亀戸香取神社で行われたイベントには、レオナルド役を演じた宮世琉弥さん、スーパーフライ役の佐藤二朗さんが登場!そして4人そろってのお披露目は初!となるミュータント・タートルズ全員も応援にかけつけ、夢を叶えたいタートルズと同じ、夢を追いかけるティーンエイジャーが約30名参加しトークイベントを実施!ティーンの夢、そして本作の大ヒットを祈願してご祈祷が行われました!

トークイベントの参加者が絶対叶えたい夢をしたためた絵馬がずらりと並ぶステージに、吹き替えを務めた宮世琉弥さん、佐藤二郎さんが登壇!大きな声援を受けた佐藤さんは、「みんなキラッキラしてるね!え?Z世代?楽しんでいけー!」とティーンを前に場を沸かすと、宮世さんは「レオナルド役を務めさせていただきました宮世です。同い年の方もいると思うので、楽しくお話しできたらなと思っています。」と同世代を前にリラックスした様子でした。
佐藤さんが「19歳?俺と10個違いか!」とボケをかますと、宮世さんは「あ、そうですね、29歳。これボケですか?」と佐藤さんを無邪気に追い詰めながらも和やかな雰囲気でイベントが開始しました。

ティーンエイジャーの夢を聞きながら、同世代の宮世さんの意見と、親世代の佐藤さんの意見を話し合おうという趣旨で始まったトークイベント。
初めに「色気 脱お友達」と書いた“ゆうきさん”の絵馬を選んだ佐藤さんは「ゆうきちゃんかな?」と客席を見渡し、手を挙げたのが女性ではなく男性だと知ると「興味を無くしました…」とガッカリとしつつ、「どうゆうこと?」と問いかけます。
ゆうきさんは「19年生きてきて、6回くらい告白しているんですけど1回しか成功していないんです。毎回お友達にしか見えないと言われる」と告白。佐藤さんが「俺と一緒じゃん!」と同意すると、宮世さんは「僕も色気はないです…でも(ゆうきさんに向かって)爽やかじゃないですか!髪を上げたらどうですか?」と具体的にアドバイスを送りました。

続いて、宮世さんが絵馬を見比べながら「僕の公式キャラ“カリ男くん”を書いてくれているのが嬉しい」と言いながら、自身と同じエンターテインメントへの夢をもつティーンに目がいくようで、「ドラマの制作に入りたい」という“りかちゃん“の絵馬を紹介しました。
夢を持った理由として「ドラマが好きだから」という話を聞くと、佐藤さんがすかさず「大変だぞ。進学は決まっているの?映画系?そうなんだ!」と親目線で質問を重ね、「まだまだこの年代なんで、やりたいことがなくても焦らなくてもいいけど、あるってことは素晴らしいことですよ。」とあたたかな言葉を送りました。
本作でもキャスターを目指しているにもかかわらずテレビカメラの前に座ると緊張しちゃう高校生のヒロイン、エイプリルがいますが…と司会に振られると宮世さんがすかさず、「僕が好きになっちゃう子です。あ、レオナルドが!」と反応し、声援を送りたくなるようなエイプリルになぞらえ「頑張ってくださいね!」と笑顔で声援を送りました。

保育士になる」という夢を書いた19歳の“さとみさん”に対して佐藤さんは「保育士の方は20代が多くて、子供を預けるときにちょっと大丈夫かなって思ったことがあったの。でも、卒園する頃には(たくさんお世話になって)土下座して感謝したかったんで、是非頑張ってください!」を自らの体験をもとに、職業に対するリスペクトを表しました。

管理栄養士になる」という夢を持つ“さらさん”に対しては、「僕も同じ夢だったんです!」と宮世さんが明かすと、客席から「えー!」と黄色い声があがります。「すごい難しいですよね。大事な職業だと思います」と話が弾み、体のために栄養をとることの大切さを共有しながらも、「一緒に目指しますか!」とタートルズのように、仲間と一緒に夢を追いかける姿勢を見せる宮世さんに対し「社交辞令ですよ」と佐藤さんにつっこまれつつも、「皆さんの夢を聞くタイミングはなかなかないので嬉しかったです。自分も頑張らなくちゃな!という気持ちになりました。みなさん、頑張ってください!僕も頑張ります。」と同世代ならではのコメントで返しました。

最後に「俳優になりたい」という“はるくん”に対し、「俳優になりたいの?え、スカウトされたの?どんな俳優になりたいの?」と質問攻めにするも、まっすぐな目で「この人ならどんな演技をするんだろうなって楽しみにしてもらえるような俳優になりたい」としっかりとした答えをするはるくんに、「頑張ってな!」とあたたかな激励を送り、タートルズたちと同じように、夢を叶えようと頑張るティーンの想いがあふれたトークイベントが終了しました。

そして、ティーンエイジャーの夢がぎっしりと詰まった絵馬をもって、宮世さんと佐藤さん、そしてミュータント・タートルズの4人が社殿に登場。絵馬を奉納し、宮司さんからのご祈祷をいただきました。
祈祷を終え感想を聞かれた宮世さんが「本当にみなさんの夢が叶うように祈りました。書いてくださったみなさん、叶いますように!自分の夢に向かって、そして(カメたちの夢が描かれる)この作品を見て突っ走って欲しいなと思いました。」と語ると、佐藤さんも「さっきお話を聞いた後だから、ちょっと背筋が伸びる」と真面目に返答しました。
トークイベントに対しても話がおよび、佐藤さんは「みんな、ものすごいまっすぐな目で僕らを見てくるので、頑張って!としか言いようがないね!」と、ティーンの真剣さに圧倒されたといい、宮世さんは「やりたいことが決まっていたら、僕たちが(勇気の出る)作品だったりで支えられたらいいなと思いました。」と答えました。

また、夢に向かって具体的にやっていることはありますか?との問いに宮世さんが「夢に向かって、ちっちゃくてもやることを組み立てて、目標をクリアしていく。自分の人生がゲーム感覚です。」と答えると、タートルズの着ぐるみが一斉に頷くシーンも見受けられました!
佐藤さんはゲームを人生になぞらえる言葉に、ハッとしながらも「子供にゲームは良くないってつい言っちゃうけど、人生がゲーム感覚って面白いね。」と納得の様子。ただ、「俺もゲームをやってみたら、息子以上にハマってしまった」というオチも披露しました。
最後は「叶わなくても、一つ一つゲーム感覚でクリアして、目標に到達するといい」と宮世さんがしっかりとまとめました。

最後に、キャストの「これからの夢」について書かれた絵馬を披露しました。
カメのように長生きしたい。」と書いた宮世さんは、「カメって結構生きますよね。そのくらい僕生きたい。たくさんやりたいことがあるし、お父さんお母さんに対してもやってあげたいことがある。そして、この業界でも長生きしたい。」と笑顔で回答。佐藤さんは、「しっかりしてるなあ。君は。19歳とは思えないね。映画の内容にかけているんだね!」と、感心する様子でした。

そして、佐藤さんは自分の回答を頭に浮かべ、困ったような顔で「僕は、妻が僕に興味を持ちますよう。と書きました」と照れながら「今朝に散髪行ってきたんですが、さっき会った宮世さんは気づいてくれたのに妻は、全然変わらないと、興味がない…。これからは媚びていきたいと思う。」とぼやくと、「僕が奥さんと仲良くなって、3人でご飯を食べましょう」と宮世さんが奇策を提案。
え!なんで?」と動揺する佐藤さんに対し、「僕が佐藤さんのことを好きなんですという雰囲気で興味を持ってもらうようにする。」と説明すると、「19歳にそんな心配されるなんて…。是非」と社交辞令?で返答しました。

最後に、本作について一言を求められた佐藤さんは「本当に面白くて、絶対に見てほしい。性別年齢関係なく楽しめる。お一人でもいいですよ。」とドヤ顔で告知をすると、宮世さんは「絵のタッチも独特で、音楽もかっこよくて、いろんな世代の方に楽しんでいただけると思います。夢に向かっている人の背中を押せたらなと思います。いろんな見方もできるので、是非意見交換もしてほしい。楽しんでください!」と力強く本作のPRに務めました。

カメたちの新たな冒険と、ティーンの夢を全力応援!希望溢れるイベントとなりました。

捕獲されてしまったカメたち…叶えたかった夢は意外にも「BTSに会いたかった」!?
涙の♪Butterが悲しくも可笑しく響き渡る日本語吹替版本編映像が解禁されました!

この度解禁されたのは、悪の軍団に捕らわれてしまい身動きのとれなくなったタートルズたちが、人生これで終わりだ…と少々大袈裟にも映るほどヘコみ、やり残したことへの思いを巡らすシーンです。
ドナテロ(榊原優希さん)が「ぼくはBTSに会いたかった」と若者らしい願望を告白すると、リーダーで仲間想いなレオナルド(宮世琉弥さん)が「お前のために歌ってやるよ」と先陣を切って大ヒット曲「♪Butter」を歌い始めます。
ラファエロ(土屋神葉さん)もミケランジェロ(戸谷菊之介さん)も一緒に口ずさんで…ただやっぱり寂しくて涙があふれ歌えなく…と心あたたまる展開になるかと思いきや、ドナテロから「…歌詞知らないよね?」と見透かされツッコまれるほど、とろけて歌ってしまう、こんな絶体絶命のピンチでもヤンチャでふざけあってしまう、お茶目な部分は健在なタートルズの様子に思わずクスっとさせられる場面です。

先日行われた日本語吹替版完成報告会見に登場した宮世琉弥さんが、「アニメーションの新しい絵の独特なタッチがすごく好みで、何と言ってもシーンに合わせた音楽が懐かしい曲から最近の流行っている曲まで流れて、幅広い世代の方が楽しめると思います!」とアピールしていた魅力がまさしく表現されているこのシーン。
長年にわたりポップカルチャーの象徴的なキャラクターとして愛されてきたタートルズが、心をくすぐり目を奪われる可愛らしいビジュアルで新たに登場し、令和の世界的カリスマトップアーティストであるBTSの、誰もが耳にしたことのある軽快なサウンドを独特な雰囲気で歌うという世代の垣根を超えたエモさにも注目です。

‘普通のティーンエイジャー’として人間たちと一緒に、普通の生活を楽しく過ごしたいー そう願っていたカメたちの運命は果たしてどうなるのでしょうか!? 9月の日本公開にご期待ください!

この度8月23日(水)に『ミュータント・タートルズ:ミュータント・パニック!』日本語吹替版完成報告会見を開催いたしました!!
イベントには、レオナルド役の宮世琉弥さん、エイプリル役の齊藤京子さん(日向坂 46) 、スーパーフライ役の佐藤二朗さんが登場。アフレコ収録はバラバラだったため、この日が初対面ながら、波長ぴったり和気あいあいで既にチームワーク抜群な 3 人が、こだわり抜かれたスタイリッシュで心躍るアニメーションスタイルや心温まるストーリーとキャラクターの魅力、クールな楽曲にアフレコ時の苦労エピソードなど、ついに完成した日本語吹替版の魅力を語り尽くし、華々しい会見となりました!

宮世さんはストリート風のセットアップに青いバンダナ、齊藤さんは黄色のジャケットとブーツをロングスカートに合わせ、佐藤さんは毒々しい色合いのグラデーションがかかったシャツ、とそれぞれが演じたキャラクターをイメージした華やかなコーディネートで登場。多くの報道陣がカメラを構える様子に3人は「スゴイ!嬉しいですね!!」と笑顔を見せました。

衣裳に注目が向くと佐藤さんがさっそく「全く流れを無視しますが、この間スタイリストの方が発した単語がまったくわからなくてすごく驚かれて、専門用語かな?と思っていたらその場にいた方が全員知ってたんです。宮世くん齊藤さん、スリッポンって知ってます?記者の方々もどうですか??あ、でもこれ以上はいきなり会見の時間をスリッポンに割くわけには…!私はハエの役、実はハエ役は2回目です。ハエをやったり、うんこの役をやったり…(笑)今回は非常に強いハエの役で、非常に面白い映画なので、どうぞちゃんと良い感じで扱ってください!ハハハ!」と初っ端からフルスロットルで飛ばし、会場が大いに沸きあがり一気に和やかムードになりました。

宮世さんは「お集まりいただきありがとうございます、楽しい時間にしたいと思います!アニメーションの新しい絵の独特なタッチがすごく好みで、何と言ってもシーンに合わせた音楽が懐かしい曲から最近の流行っている曲まで流れて、幅広い世代の方が楽しめると思います!」と爽やかに挨拶をすると、佐藤さんは「君は本当に19歳!?満点の回答!」と感心しきりの様子でした。
齊藤さんは「アフレコのときは1人だったので皆さんにお会いするのが楽しみで、会見ということでちょっと緊張もしています」と話しつつ、「すごく心があたたまる映画だと思います!正義感に溢れて、誰が見ても心があたたまる作品ですし、絵の色味もとても鮮やかで素敵でした。」と映画の魅力を語りました。
佐藤さんは「先輩はスリッポンから話し始めたのに2人は本当に立派だね」とポツリとこぼして笑いを起こしながら、「アニメーションが本当にすごい。見たことのないような、あえてスマートじゃないんだけどとても味のある絵面で、『監督が“高校生の落書き”をイメージした』と聞いた。僕もすごく印象に残ってます。一緒に観た息子もすっげーおもしろかった、お父さんのハエが筋肉ムキムキだったね、と喜んでました」と重ねてアピールしました。

その後、アフレコ収録が別々だったこともあり、それぞれ互いの収録の模様を映像で振り返ることになりました。
まずは宮世さんから、ティーンエイジらしくヤンチャでおどけたところもありながらリーダーとしての強さも併せ持つレオナルドを軽快に演じている様子が流れると、斎藤さんが「すごい!貴重ですね!レオだった!」とたかぶり、佐藤さんからも「声が裏返るところとか凄く良い、このシーン好きですよ」と褒められた宮世さんは少々照れくさそうにしつつ「レオ!」と声を裏返させるセリフを生披露しました。
さらに「声優を務めさせて頂くのが初めてでド緊張しながらやってたんですが、スタッフさんに緊張をほぐされアドバイスをもらいながらやっていました。事前に練習用の動画をいただいたので家で練習しました。のどを壊してはいけない、と思って薬を飲んだり」と振り返ると、齊藤さんも「私ものどの薬飲みました。絶対壊したらダメ、終わる、と思って」と同じエピソードに大いに共感、佐藤さんはジョーク交じりに「俺も、飲んだ…正直言うと飲んでないし家での練習も…その場で感じようと思ってね!」と若い2人の仕事へ取り組む姿勢に感嘆した様子でした。

齊藤さんのアフレコ風景も流れ、宮世さんと佐藤さんから「おおー、やっぱり本当に合ってますよね!」と言葉をかけられた齊藤さんは恐縮した様子をみせつつ「常に大声を出しているような役で、普段のトーンと違って発声が常に叫んでいるような状態だったのでクッタクタになりましたがすっごく楽しかったです。私がいちばん最初の収録で、まわりで聞こえるセリフが全部英語、自分だけが日本語。雰囲気とかこれで合ってるのかな?と難しかった。」と思い返していました。宮世さんも「僕も本当にクタクタになりました」と語り、佐藤さんも「普段使っていない筋肉、入れていないギアを使うから本当にヘットヘトになるよね」と揃って同意しました。

佐藤さんが「2人とも吹替初めてなんですよね、俺けっこうやっちゃってる~」と堂々と先輩風を吹かせる様子に2人も会場も笑いに包まれました。佐藤さんは、「やるたびにプロの声優さんへのリスペクトが高まるし毎回緊張しながらやっていて、偉そうに言うわけでは全くないんですが、お2人は初めてということなのに、こうしてやろう、みたいな変な色気を乗せずに素朴でナチュラルに役に合ってましたよね」と続けました。自身のアフレコ収録の映像が流れると「自分のかけてる老眼鏡にしか目がいかない」と照れ隠しのようにコメント。「最初に声を出してみた時に、あ゙あ゙と少し喉が絡んだような声が出てコレいいなと思ってそれで全部やりました。普段の僕のマイルディな声とは違ってね、ダーティカルなね」とアピールします。宮瀬さんが「佐藤さんがやられると聞いて、どんな風に演じられるんだろうと楽しみでワクワクしてました。完成した映画でやっと聞けて、うわあすごい…!本当に圧倒的!と。」と目を輝かせました。齊藤さんにも「私も映画観ていて、佐藤さんキタ!とめっちゃ思いました!」と言われた佐藤さんは「ほんと?どんどん褒めて!褒められるの大好き!」とホクホクしている様子でした。

そして、3人が演じたキャラクターがそれぞれ夢や野望を抱いていることから、自身の叶えたい夢に話が及び、宮世さんが「僕、佐藤さんのツイッターめっちゃ見るんです!ぜひ僕をおもしろく出してほしい!」と懇願。佐藤さんは「現Xね!」と大笑い、齊藤さんも「それいいな~私も夢だな」と乗っかったところで佐藤さんが「おい齊藤!その姑息な逃げはずるいぞ!(笑)」と鋭いツッコミが入り、齊藤さんは改めて「また吹替をやりたい、と本当に思いました。また挑戦したいです」と意欲を燃やしました。佐藤さんの「ごめんなさい、このあと自分の夢を発表しなきゃと考えてて全然聞いてなかった…」との衝撃発言に齊藤さんが「ウソでしょ!しっかりしたこと言ったのに!!(笑)」と苦笑いする場面も。佐藤さんは「以前にハエの役をやった作品では、うんこ、トイレットペーパー、北風、花粉、地面、地球とか全然人間じゃない役をやってきた。もうちょっと人の役をやりたいですね」とパワーワード連発で会場を沸かせました。

この会見の締めとして、劇中でマンホールの奥、下水道で謎の液体“ミュータンジェン”に触れたことでミュータントとなったタートルズたちの設定にもなぞらえ、直径約60cm・マンホールサイズの巨大ピザが会場に登場!その大きさと、漂う良い匂いに盛り上がっていると、なんとこのピザがお値段10万円であることが発表され「え!!ウソ!?10万円!?!?」と一同仰天します。
さらに緑一色の“ミュータンジェン”ドリンクも手に、完成報告に相応しいお祭りムードのなかで盛大に乾杯が執り行われました。
改めて佐藤さんは「世代を問わずに老若男女いろんな方がスカッと出来るし笑えるし、タートルズの4人を間違いなくみんな好きになる。ぜひ多くの方に観ていただきたいということと、フザケ風味のこともたくさん話してしまいすみません、今日の私はシラフであることを申し上げておきたいです!」と最後まで会場を沸かせました。
齊藤さんも「1時間40分のあいだずっと心があたたまる作品。見終わったらタートルズの大ファンになって、私もこれからタートルズグッズを買いあさろうと思っています。絶対に大好きになると思いますのでぜひ観てください!」とアピールしました。
宮世さんも「このような歴史あるアニメの吹替を務めさせて頂いたことがすごくうれしく、諦めなければ夢は叶うんだ、と前に押してくれるような作品だと思います。沢山の方に観ていただきたいです!」と力を込めて宣言しました!

約1か月後に近づいた日本公開にむけ意気上がる、華々しい会見となりました。

『ミュータント・タートルズ:ミュータント・パニック!』の公開を記念して、タートルズを探せ!キャンペーンを開催します!
身近に潜むタートルズたちの写真を、ハッシュタグ「#タートルズ発見」をつけて、X(旧Twitter) or Instagramに投稿してください!抽選で豪華賞品をプレゼント!

【参加方法】
STEP1▼
映画『ミュータント・タートルズ:ミュータント・パニック!』公式アカウントX(旧Twitter)(@turtles_jp)もしくはパラマウント・ピクチャーズ公式Instagram(@paramount_japan)をフォロー

STEP2▼
身近に潜むタートルズたちの写真を撮影!

・MIYASHITA PARKフードホールジャック
・全国の映画館のバナーやパネル、ポスター
・あなたの自慢のタートルズのグッズ

\ペットのカメやカメの銅像・カメカラーの緑アイテムタートルズに見える家電などなど・・・なんでも大募集です!/

※動画の投稿は抽選外となります。

STEP3▼
ハッシュタグ「#タートルズ発見」をつけて、X(旧Twitter)もしくはInstagramに写真を投稿

【賞品内容】
①オリジナルグッズ(スケートボード):1名様

②オリジナルグッズ(ジャケット&バッチ)M・Lセット:3名様

③オリジナルグッズ(ステッカー付きノート):5名様

④AmazonギフトカードEメールタイプ(1,000円分):10名様

※AmazonギフトカードはEメールタイプとなります
※キャンペーン主催:株式会社ガイエ
※AmazonはAmazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です

※賞品はお選びいただけません。
※写真はイメージです。

【応募期間】
8月21日(月)~10月31日(火)

【ご注意事項】

【キャンペーン参加について】
・応募にはX(旧Twitter)、またはInstagramのアカウントが必要です。
・ハッシュタグ「#タートルズ発見」が入っていない応募は無効となりますのでご注意ください。
・写真(画像)の付いていない投稿、動画での投稿は抽選外となります。
・Instagramでご参加の場合は、フィード投稿でご参加ください。ストーリーズは対象外となります。
・応募される際は、映画『ミュータント・タートルズ:ミュータント・パニック!』公式アカウントX(旧Twitter)(@turtles_jp)もしくはパラマウント・ピクチャーズ公式Instagram(@paramount_japan)をフォローしてください。また必ず「公開」設定にした上で投稿してください。
・フォローを外さないようお願いします。
・応募は何度でも可能です。ただし、当選はお1人様1回となります。
・応募は日本国内在住の方に限らせていただきます。
・SNSアカウントを非公開設定にされている場合、指定のハッシュタグ「#タートルズ発見」がない場合は審査対象外となります。
・本キャンペーン内容、期間、および賞品は、諸般の事情により予告なく中止または変更される場合があります。キャンペーン運営の中断、または中止により生じるいかなる損害についても、当社が責任を負うものではありません。
・個人情報が特定されるような投稿にならないようご注意ください。尚、投稿内容に関して何らかの責任問題が発生した場合は、投稿者が一切の責任を負うこととします。
・投稿された作品を使用して、映画『ミュータント・タートルズ:ミュータント・パニック!』と関係のない特定の政治、企業、個人、宗教、思想等の宣伝告知、または商業目的での販売行為は禁止となります。
・運営上、投稿内容が適切でないと当社が判断した場合には、削除要請、または不適切な行為としてX(旧Twitter)社もしくはMeta社に報告させていただく場合がございます。
・第三者への誹謗、中傷を含む投稿や第三者の権利を侵害するような投稿はないようお願いします。第三者と紛争が生じた際は、投稿者自身の責任によって解決していただきます。
・特定の政治・宗教・思想に関する内容等にならないようご注意ください。
・X(旧Twitter)は米国およびその他の国におけるX(旧Twitter), Inc.の商標または登録商標です。
・本キャンペーンはX(旧Twitter), Inc.とは一切関係がありません。
・X(旧Twitter)のご利用にあたっては、サービス利用規約をご確認ください。
・Instagramは米国およびその他の国におけるMeta Platforms, Inc.の商標または登録商標です。
・本キャンペーンはMeta Platforms, Inc.とは一切関係がありません。
・Instagramのご利用にあたっては、利用規約をご確認ください。
【投稿作品の利用】
・本キャンペーンに投稿された内容は、映画『ミュータント・タートルズ:ミュータント・パニック!』プロモーションのために使用する場合がございます。公式サイト、公式X(旧Twitter)、公式Instagramおよび告知媒体(雑誌・新聞・TV・WEBサイト)、プロモーションイベントに使用される可能性があります。またその際は、内容を編集する場合がございます。使用方法やデザイン、当該目的での使用許諾についても、投稿時点でご承諾いただいたものとみなします。
・投稿の使用の有無など、個別のお問い合わせにはお答えできませんのでご了承ください。
・投稿された方には、報酬等は一切発生いたしません。
・個別の削除要請等には応じられませんので、ご了承ください。
【当選者の選定・当選発表】
・賞品はお選び頂けません。
・Amazonギフトカードは、Eメールにて賞品をお送りいたします。
・厳正な審査の上、キャンペーン事務局からの連絡をもって当選のご連絡と代えさせていただきます。
・賞品の発送は2023年11月中を予定しております。
・ご応募状況や当選結果のお問い合わせには、お答えいたしかねますのでご了承ください。
・当選権利は当選者本人に限り、他人への譲渡や現金への引き換えは禁止とさせていただきます。
・当選者決定後、キャンペーン事務局から、当選者に当選をお知らせするダイレクトメッセージを送信させていただきます。ダイレクトメッセージを受け取れるように設定してください。
・当選者には、ダイレクトメッセージにて、当選者のお名前、ご住所、お電話番号等をご入力いただく当選者用フォームをご案内いたします。フォーム入力の期限日までにご入力が確認されない場合、当選が無効となります。
・住所・電話番号不明、不通により、当選者と連絡がとれない場合は、当選の権利が無効となります。
【個人情報の取扱について】
・Amazonギフトカードが当選された場合は、Eメールにて賞品をお送りいたしますが、Amazonギフトカードが当選された場合も賞品の発送先入力についてのご案内とご入力を頂きますのでご了承ください。
・当選者の個人情報に関しましては、株式会社ガイエにて管理いたします。
・お客様からいただいたすべての個人情報は、より良い商品・サービスの開発及びマーケティング活動のために利用させていただくことがあります。また、法令により認められた場合や発送業務等に必要な範囲で委託先に提供する場合を除き、個人情報をお客様の承諾なく第三者に提供いたしません。
【免責事項】
・主催者は、理由の如何を問わず(主催者の故意または重過失による場合を除きます)、応募または投稿内容の主催者による利用にあたって参加者に生じた損害について一切責任を負わないものとします。
・X(旧Twitter), Inc. およびMeta Platforms, Inc.が提供するサービスに不具合が発生した場合は責任を負いかねます。あらかじめご了承ください。
【プライバシーポリシー】
株式会社ガイエ
https://gaie.jp/privacy/

お目目くりくりの可愛らしい赤ちゃんガメが、謎の緑の液体に触れると…?
ネズミのスプリンターとの運命の出会いから、大切な家族になり、凛々しく成長を遂げるまで―キュートでやんちゃなミュータント・タートルズ誕生の軌跡!
エモすぎる特別映像が解禁となりました!

超キュートな赤ちゃんガメ“ベイビータートルズ”と、偶然通りかかったネズミとの運命の出会い、そして彼らが謎のドロドロ=ミュータンジェンによって突然変異でミュータントとなり、かけがえのない家族になっていくまでを、日本でも人気の高いキャラクターであるタートルズの師匠、ネズミのミュータントとなった拳法の達人・スプリンター先生(ジャッキー・チェン)のナレーションでエモーショナルに明かされます。

さかのぼること15年前。ニューヨークの下水道に住んでいたネズミが目にしたのは、謎の緑色の水溜まりを這い回っている、お目目がくりくりの小さな赤ちゃんガメ4匹。まるで親を見つめるように擦り寄ってきた赤ちゃんガメと一緒に、緑のドロドロな液体に触れたことで、全員姿が変わってしまうのでした!!
衝撃的なエピソードながら、「こうして、私たちは家族になった。」と穏やかに話すスプリンター先生の語り口からも分かるように、子ども姿のミュータントとなったタートルズはみんな超キュート!鉄柱にぶら下がり、全身にいたずら描きをして楽しみ、みんなで仲良くお風呂に入る。夜はスプリンター先生に抱きかかえられながら眠り、すくすくと成長したタートルズたちは、なんと木人椿(もくじんとう)を壊すまでになりました!溢れ出る可愛らしさに加え、やんちゃっぷりを失わない立派なミュータントになった彼らの姿を見て満足げに頷くスプリンター先生の、あらゆるものを超越した愛に、誰もがぐっと心を掴まれてしまうはずです!

合わせて、カワイイ大国でありタートルズ人気も高い日本のために制作された、ベイビータートルズのスペシャルポスターも全世界に先駆けて初解禁となりました!!
夜明けを迎える街の風景が、コピーの通り新たな“誰も見たことのないカメ物語”の始まりを予感させ、無邪気な笑顔で並び立つベイビータートルズたちの成長と大活躍に、胸が高鳴る仕上がりになっています。

子供のころより’危険な存在’である人間から隠れて暮らしてきたタートルズ。’普通のティーンエイジャー’として彼らが住むニューヨークのみんなに愛され受け入れられたいーその願いを叶えるために…。彼らがスクリーンいっぱいに繰り広げる、新たな冒険に興奮必至、こんな成長の秘密を目撃したらもう応援せずにはいられません!!9月の日本公開にご期待ください!

笑いあい、躍動感たっぷりで勇敢に戦う、個性豊かなカメたちの新たな物語に一足先に公開を迎えたアメリカで大興奮&大絶賛の声が殺到中!!
捕らわれの大ピンチ!?新ヴィランに強大な敵も!!場面写真が一挙到着いたしました!!

傑作連発のイメージもすっかり確立してきた、近年の人気トレンドとなっている“手書き質感のアニメーション”によって、クール&キュートな魅力が増したビジュアルで新たに描かれる“ミュータント・タートルズ”が大活躍する本作。
その仕上がりに注目が集まる中、日本に先駆けて8月2日(水)に公開をむかえたアメリカでは、サマーシーズンの話題作がずらりと並び歴史に残る数字を記録するほどの興行が展開されているなかで大きな存在感を発揮し、公開5日間でのオープニング興行収入4310万ドル(約61億円)を記録する大ヒットスタートを切り、さらに米最大の映画レビューサイト「Rotten Tomatoes」で批評家スコアが96%(8月7日時点)、「Cinemascore」も「A」を獲得し、大絶賛で染まる“カメ祭り”状態です!!

そしてこのほど場面写真が一挙に到着しました!

タートルズたちの調子乗りでチャーミングな表情をとらえた場面。

また、軽やかな身のこなしと凛々しさが際立つバトルシーン。

さらに新キャラクターである新たなヴィラン、ハエのミュータントであるスーパーフライ。

および、カメたちが捕らわれてしまった瞬間。

そして街を飲み込まんというほど巨大な敵の姿まで、タートルズに襲いかかる幾多の大ピンチが垣間見られます。

新時代のタートルズファンが、ピザを食べ、カワバンガ!!と叫べる喜びにあふれている」、「現代的な物語と革新的なビジュアル、そして子供時代から触れてきたノスタルジーとのバランスが最高!」、「スクリーンで最高級の盛り上がりを見せて、子どもも大人もタートルズに心を奪われる罪なほどの1本」と大評判が相次いでいるように、彼らがスクリーンで繰り広げる興奮必至の展開、9月の日本公開をお楽しみに。

日本での公開に先駆け封切られた本国では、米映画批評サイト「Rotten Tomatoes」にて、批評家スコア、オーディエンススコアとも95%という高評価を記録中です!(8月2日時点)

愛し続けてきたカメたちと、ついに共演を果たす時がきた…!!
自他ともに認める筋金入りのタートルズファン、長谷川カオナシさん(クリープハイプ)が敵ミュータント、レイ・フィレット役の日本語吹替キャストに決定しました!!

自身のインスタグラム(https://www.instagram.com/kaonashiworks/?hl=ja)は9割以上がタートルズに関する投稿でぎっしりと埋め尽くされ、オンオフ問わず関連アパレルグッズをいつも身につけている生粋のタートルズ好き、若い世代を中心に絶大な支持を集める大人気ロックバンド・クリープハイプのメンバー、長谷川カオナシさん。“それぞれに強烈な個性が光る4人組”というタートルズとクリープハイプとの共通点もさることながら、実生活でも亀を飼って共に暮らし、もはや“人生の一部”と言っても過言ではないほどにタートルズを愛してやまない長谷川さんが、念願叶って本作の日本語吹替タートルズ・ファミリーにジョインすることになりました!!

演じるのは、マンタのミュータントであるレイ・フィレット。本作の英語版では、グラミー賞にもたびたびノミネートされている若き天才ミュージシャン、あのポスト・マローンがボイスキャストを務めているキャラクターで、ここ日本でも才能あふれるアーティストという繋がりを持ち業界きってのタートルズ好きな長谷川カオナシさんに白羽の矢が立った形です。これまでにも、自身が作詞作曲を務めた「朝にキス」のMVにタートルズのイラストが登場していたり、ずっとタートルズを心に想いながらキャリアを歩んできた長谷川さんは、ついにこの愛しいカメたちと悲願の共演を果たすとあって「愛するタートルズと公に関われたこと、光栄極まりありません。一音楽家という立場ながらに頂いた声優という大仕事です。失礼のないよう、予め音楽スタジオで試行錯誤を繰り返し、仮映像に声を吹き込んだデモテープを5パターンほど用意してから臨みました。」と並々ならぬ意気込みで挑んだこと、そして「30年間様々な世界線のタートルズを観て来ましたが、今作の彼らは特に「ティーンエイジャー」の感が強く10代らしい好奇心と夢、悩みもあります。そして何より問題解決へのエネルギーは素晴らしく、観る人達に元気を与えてくれることでしょう。個人的に嬉しかったのはサブキャラ・ミュータント達がたくさん登場すること。皆過去作で見知った顔達だったけど、今作では特に可愛らしい!」と歓びがあふれ出して止まらないコメントを寄せています。

人間たちと同じような生活をしたいと夢見るカメたち“ミュータント・タートルズ”との、夢にまで見た共演が実現した長谷川カオナシさん。ほとばしる愛と共に放たれる渾身の熱演にぜひご期待ください!

【キャストコメント】

●長谷川カオナシさん(レイ・フィレット役)
はじめまして、私は30年以上タートルズのファンをしているベーシストです。
愛するタートルズと公に関われたこと、光栄極まりありません。
一音楽家という立場ながらに頂いた声優という大仕事です。失礼のないよう、予め音楽スタジオで試行錯誤を繰り返し、仮映像に声を吹き込んだデモテープを5パターンほど用意してから臨みました。レコーディング当日は納得のいくテイクを出すことが出来たと思います。
30年間様々な世界線のタートルズを観て来ましたが、今作の彼らは特に「ティーンエイジャー」の感が強く10代らしい好奇心と夢、悩みもあります。
そして何より問題解決へのエネルギーは素晴らしく、観る人達に元気を与えてくれることでしょう。
個人的に嬉しかったのはサブキャラ・ミュータント達がたくさん登場すること。皆過去作で見知った顔達だったけど、今作では特に可愛らしい!
私が演じたレイ・フィレットはじめ、映画初登場の子達も多いので、スクリーンで彼らが大暴れするのが今から楽しみです。
皆様ぜひ、劇場にてご覧下さいませ。

この度、本作の日本語吹替版の豪華キャスト陣が決定しました!

不思議な液体“ミュータンジェン”に触れたことでミュータントとなったカメたち“タートルズ”のリーダーレオナルド役に、若手注目株の俳優でありタートルズ同様ティーンエイジャーの宮世琉弥さんが決定しました!
ハリウッド製作陣からの「“ティーンエイジ”タートルズのリーダーであるレオナルドには10代の俳優を!」という強い意向から、映画・ドラマ・アーティストなど幅広いフィールドでの実力と人気を兼ね備え、ニューヨークの片隅から飛び出し、いまや世界中で愛されるキャラクターとなったタートルズのように名前の通り“宮城から世界”を目指し、さらにタートルズ好きが高じて実家でカメを飼っていたほどの “カメ/タートルズ好き”と知られる宮世さんに白羽の矢が立ちました。

また、カメたちが最初に出会う人間で、ジャーナリストを志しニューヨーカーらしい勝気で会話センス抜群の女子高生エイプリル・オニール役には、アイドルとして絶大な人気を誇るだけでなく、出演するバラエティ番組などで歯に衣を着せぬ面白い発言が時に話題となりアイドル界随一のトークセンスを持つ日向坂46の齊藤京子さんが挑戦します!

そして、人間社会の乗っ取りを目論むミュータント軍団を率い、スーパー知能を持つハエのミュータントスーパーフライ役は、唯一無二の個性派演技で人間にとどまらず数々の役柄をこなし、幅広い世代から絶大な人気を誇る実力派俳優佐藤二朗さんが務めます!
キャスト陣から喜びのコメントも寄せられました!

タートルズの他メンバーの声は土屋神葉さん(ラファエロ役)戸谷菊之介さん(ミケランジェロ役)榊原優希さん(ドナテロ役)が担当します。数々の話題作で活躍するフレッシュな声優陣が名を連ねました!
さらに、カメたちの師匠・保護者であるネズミのスプリンター先生役堀内賢雄さんが務めます。

ほか、朴璐美さん(シンシア・ユートロム役)、草尾毅さん(バクスター・ストックマン役)、木内秀信さん(モンド・ゲッコー役)、落合弘治さん(ビーバップ役)、中村悠一さん(ロックステディ役)、竹内順子さん(ウイングナット役)、沢城みゆきさん(レザーヘッド役)、梶裕貴さん(ジンギス・フロッグ役)という錚々たる実力派声優陣の参戦も決定しました!

さらに、日本語吹替版予告映像も解禁となりました!
映像は、人間たちと同じような生活を夢見るカメたち4人のわちゃわちゃとふざけ合う無邪気な姿、拳法の達人スプリンター先生仕込みのアクションで敵と戦う躍動感溢れる姿や、ひょんなことからカメたちと知り合う人間の女子高生エイプリルとティーンエイジャーらしいノリでやり取りする愛くるしい姿、「俺たちが地球を支配するんだ」と襲い来るスーパーフライ軍団に「やるしかない!」と心を奮い立たせて立ち向かおうとする健気な姿など、様々な表情が満載です!
スーパーフライの襲撃によってニューヨークの街は大パニックに!果たしてカメたちはスーパーフライの野望を阻止し、みんなを救うヒーローとなれるのでしょうか?!
ミケランジェロの“心”、ドナテロの“頭脳”、ラファエロの“勇気”、レオナルドの“誇り”、4人の力を合わせて強大な敵に立ち向かいます!

ティーンエイジャーのカメたちの奮闘に胸が熱くなるエモーショナルな物語もさることながら、キャラクターたちの躍動が手書き風の質感にこだわり抜いたスタイリッシュで心躍るアニメーションスタイルで映し出され、グラフィカルで遊び心満載の映像と吹替キャスト陣の個性溢れる熱演が見事にマッチした予告が完成しました!この冒険を見れば誰もがタートルズを好きになること間違いなしです!本編の仕上がりにも是非ご期待ください。
来る9月22日(金)、縦横無尽にスクリーンで暴れまわる“新時代のタートルズ”の活躍をお楽しみに!

【キャストコメント】

●宮世琉弥さん(レオナルド役)
お話をいただいた時はびっくりしましたが、嬉しい気持ちでいっぱいでした。小さい頃にタートルズの実写版を映画館で観ていて、まさか自分が将来レオナルドを演じるなんて当時は思ってもみなかったですし、両親も昔のシリーズを観ていたようなので、びっくりしていました。声優は初めての挑戦だったのですごく緊張しましたが、ずっとやってきたお芝居で自分の新しい一面を皆さんに観ていただけることが嬉しいです。音楽もグラフィックもイケイケで、カッコよくて可愛くて楽しい映画になっています。今年の注目の1作です。是非映画館でご覧ください!

●齊藤京子さん(日向坂46)(エイプリル・オニール役)
普段活動させていただいている日向坂46というグループを飛び越えて1人で、しかも初めての声優のお仕事ということで、最初にお話をいただいた時は衝撃でした。私自身声に特徴があり、皆さんから声について注目いただけることが多かったので、声優のお仕事はいつかやってみたいなと思っていました。まさか夢が叶うとは思わなかったので、すごく嬉しいです。とてもかっこよくて楽しい映画になっているので、是非ご覧ください。

●佐藤二朗さん(スーパーフライ役)
ミュータント・タートルズは非常に長く世界で愛される作品ということは知っていたので、お話をいただいて光栄でした。ありがたい事にこれまでも吹替のお仕事は何度かいただきましたが、やる度に本職の声優さんへのリスペクトが高まります。芝居で使う筋肉も俳優とは全く違うので難しいけれど、非常に魅力的な悪役で、楽しく収録が出来ました。この作品、とんでもない事になっております!「うわぁーっ!!」って言うくらい(笑)。何がとんでもないかは是非映画館でご覧ください。

●土屋神葉(ラファエロ役)
幼い頃から親しんできた『ミュータント・タートルズ』に携わる喜びは、何事にも変えがたいものです!出演が決まった時は、思わず叫びました。アフレコ現場には、長年の友である4匹のタートルズを連れて行きました。ごっこ遊びで描かれた血糊が、歴戦の勇者であることを物語っていました。彼らのティーンエイジ感と仲の良さが随所に溢れる今作で、僕が演じるラファエロは勇敢さや力強さに憧れ、躍動します。ぜひ!劇場で楽しんで下さい!

●戸谷菊之介(ミケランジェロ役)
カワバンガ!ミケランジェロ役を務めさせていただきます戸谷菊之介です!お話をいただいたとき、「あのタートルズの一員に!?しかもマイキー!?」 と喜びの舞(マイキーだけに)を踊った記憶があります。アフレコでは、作中でマイキーが楽しくいきいきと動いている姿に自分を重ねて、僕も楽しくいきいきと演じました!イェーイ!!!コメディ要素たっぷりの作品なので、劇場でご覧の際はピザを片手に爆笑しながらお楽しみください!!!!!え?映画館ってピザ売ってる?

●榊原優希(ドナテロ役)
なんとこの度、世界的にも超有名な亀たち4人のうちの1人ドナテロくんを演じさせていただけることとなりました!とても光栄です。嬉しいです!各作品でタートルズの描かれ方にはバリエーションがある様に思いますが、今回のみんなはティーンエイジらしいドタバタで成長中な感がとても素敵に描かれているように思います。見て下さる方々もついつい応援したくなる、そんな彼らの魅力を皆様にたくさんお届け出来ますように。

●堀内賢雄(スプリンター役)
永きに渡りたくさんの人に愛され続けるミュータント・タートルズ。 今回の収録では自分自身が一番楽しませて頂きました。映像の素晴らしさ、脚本の面白さ、キャラクター達のリズミカルなセリフまわし、どれ一つとっても感動、感激の瞬間でした。私の吹き替えた役はタートルズの父親的存在、しかも海外版ではジャッキー・チェンが演じています。そんな大役を任せて頂き、私も気合がはいりまくりでした。笑いあり、涙あり、ラップあり。皆様、心ゆくまでお楽しみください。

2023年のNYを舞台に、スケボーや音楽などストリートカルチャーの描写で心躍るデザインの新ポスターが到着しました!
さらに、ピザを頬張る超キュートな“ベイビータートルズ”の姿が遂に明らかになりました!

映画・アニメ・ファッションなどを通じ世界的ポップカルチャーアイコンとして、長年の間幅広い世代から支持を集めている『ミュータント・タートルズ』。ストーリーだけではなく、アニメーションスタイルやグラフィックの遊び心満載で、最新のアートも楽しめる仕上がりに歴代ファンだけではなく、新たなファンが爆誕する期待が高まっています!そんな本作より、この度、人気のないニューヨークを背景に“いよいよ俺たちの時間だ!”と言わんばかりの躍動感あふれるティザーポスターが解禁されました!両手を広げてスケボーを乗りこなすラファエロと、喧騒には目もくれず走り去るドナテロ。スケボーを手に微笑みをみせるレオナルドの上には、ミケランジェロが大きくジャンプし、そのスケボーの裏にはでかでかとタイトルが表記されインパクトは充分!見た目はカメでも今時のティーンエイジャーと同じく、恋して遊ぶ彼らの個性が存分に滲み出ている雰囲気たっぷりな新ポスターとなっています。

また、本日6月16日(金)から、全国の劇場(一部を除く)でムビチケ前売り券が遂に発売開始します!嬉しい特典として、激カワ!”ベイビータートルズ“のキャラ素材を使ったオリジナルステッカーがプレゼントされます。”TINY BUT MIGHTY”とスラング混じりのコピーを掲げて登場したのは、ちっちゃな赤ちゃんタートルズたち!ベイビー姿の4人が大好物のピザを頬張り、愛嬌たっぷりに振る舞いながらヒーローを夢見ているその姿に心から声援を送りたくなること必須です!超キュートなベイビータートルズたちが本編で可愛く大暴れする姿に期待が高まります!

いよいよ全容が徐々に明らかとなってきた、『ミュータント・タートルズ:ミュータント・パニック!』。まだ“誰も見たことのない”新たなタートルズが、来る9月、縦横無尽にスクリーンで暴れまわり奮闘します!ますます盛り上がりを見せていく本作に、是非ご期待ください。

【数量限定】オリジナルステッカー付き
ムビチケ前売り券(カード)販売中!

激カワ”ベイビータートルズ“のキャラ素材を使ったオリジナルステッカーをプレゼント!
ムビチケ前売り券(オンライン)も同時発売!
価格:一般¥1,500(税込)
※一部劇場を除く
※特典がなくなり次第、ムビチケ前売り券(カード)のみの販売となります。

“世界中で最も愛されるカメ”たち4人が、アメリカンコミックタッチの躍動感あふれる新たなビジュアルで登場する劇場アニメ映画『ミュータント・タートルズ:ミュータント・パニック!』が、9月22日(金)に日本公開!
※この度、公開を予定しておりました2023年8月25日(金)から、公開日を2023年9月22日(金)に変更することを決定いたしましたのでお知らせいたします。 作品を楽しみにされていたお客様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

新キャラクターのヴィラン・スーパーフライが地球に襲来!
それぞれの武器と取り柄をかけあわせてバトルに挑むタートルズの活躍に興奮必至!

いよいよ物語の全容が明かされていく新予告が世界一斉解禁されました!

もう無理だよ!」「やってみなきゃ! ミケランジェロの“心”、ドナテロの“頭脳”、ラファエロの“勇気”、レオナルドの“誇り”、全員揃えば不可能は無い!恐れる気持ちを乗り越えて、強大な敵に立ち向かう4人のカメがついに出動します!カワバンガ!!

このほど解禁された新予告では、タートルズよりも何倍も大きなガタイと強烈なパワーを誇り、この世の中を支配せんと地球に乗り込んできた注目の新キャラであるヴィラン、初めてその姿がヴェールを脱ぐスーパーフライの暴走を止めるべく、互いを信じ力を合わせて戦いを繰り広げていく4人のカメの熱い活躍と、彼らが心を奮い立たせてこのバトルに挑む、純粋無垢ながらちょっぴり切なさも漂う理由も描かれ、本作の胸熱なストーリーの全貌がいよいよ明かされていきます。

ビッグシティであるニューヨークの片隅で、不思議な液体“ミュータンジェン”に触れたことでミュータントとなったカメたちは、どうにも目立つ姿かたちから地下や路地裏で身をひそめるように日々を過ごしていますが、中身は普通の人間とも変わらぬちょっとヤンチャなティーンエイジャー。みんなと学校に通ったり、恋をしてみたり、人間たちが楽しんでいる生活を一緒に送ってみたい…そんな夢を抱えながら、師匠である拳法の達人、ネズミのスプリンター先生と武術を磨いていた彼らの前に現れたのが、自分たちと同じ!?なミュータントの先輩軍団!ハエのスーパーフライを先頭に、ファンにはお馴染みのキャラクターであるサイのロックステディ、イノシシのビーバップといった顔ぶれも揃い、「仲間がいた!」と初めは喜ぶタートルズでしたが、次第に雲行きが怪しくなる…そう、スーパーフライ軍団の野望は、人間たちの社会を乗っ取り、自分たちが中心となる新時代を作ることでした…!仲良くなれると思ったけれどコレは違う、カメたちが憧れたのは人間との楽しい未来― みんなを救うヒーローになって、人間に認めてもらうんだ!そう決意を固めて袂を分かち、ビビる気持ちにも打ち克ってスーパーフライの企みを止めるべくいざ立ち上がります・・・!!
葛藤を乗り越えてバトルに挑んでいく王道的なカッコよさ、それぞれの良さを認め合う仲間との絆、そしてずっと憧れていた夢をいままさに掴もうとする若者たちの輝きも詰め込まれ、大興奮まちがいなしの仕上がりとなっています。

そしてやはり印象的なのは、新たな装いとなった“ミュータント・タートルズ”の華々しい姿を描絵した、手書き質感に宿る魅力全開のアニメーション!日本でも大ヒットを記録するアニメ作品は、例に漏れず「作画クオリティ」にハズレなし、その完成度と制作陣が込めた情熱にファンが舌を巻き、人気タイトルの放送後にはSNSトレンドでも「神作画」などのワードが入る光景もすっかりお馴染みとなってきました。技術の目覚ましい進歩により、現実を超えるかのようなリアリティと美しさが極まるCGアニメーションや、激しいモーションも滑らかに描写される3DCGの活かし方など、多彩で目を見張る表現方法が追求され続けているなかで、2019年に第91回アカデミー賞®長編アニメ賞を受賞した映画『スパイダーマン:スパイダーバース』を筆頭に、手書き質感の表現にトコトンこだわった逸品が再び脚光を浴びており、この予告でも見て取れるようにタートルズたちの調子乗りで愛くるしい魅力とも相性抜群!!タートルズの決めゼリフが「カワバン画!」と聞こえてきそうなほど、この徹底的にこだわられた作画の痛快さも見逃せないポイントです。

いよいよ全容が徐々に明らかとなってきた、『ミュータント・タートルズ:ミュータント・パニック!』。まだ“誰も見たことのない”新たなタートルズが、来る9月、縦横無尽にスクリーンで暴れまわり奮闘します!
6月16日(金)からは、全国の劇場(一部を除く)でムビチケ前売り券も発売開始となり、嬉しい特典として激カワ”ベイビータートルズ”のキャラ素材を使ったオリジナルステッカーが付くことが決定しました!ますます盛り上がりを見せていく本作に、是非ご期待ください。

この度、画力抜群のコミックテイストで仕上げられた日本版ティザーポスターが解禁となりました!
スケボーの裏にぎっしりと詰め込まれたグラフティアートには、ストーリーのヒントも・・・?
スケボーをにぎるカメの手に興奮すること間違いなしです!!

夜景の美しいニューヨーク、騒がしさも穏やかさもただようビッグシティの片隅で、マンホールから勢い良く飛び出す4体のカメ。先日解禁された予告編では、ミケランジェロ、レオナルド、ラファエロ、ドナテロ、新時代の“ミュータント・タートルズ”たちが華々しく姿を現し、調子もノリも良すぎてちょっとハミ出しかける彼らの愛くるしさに話題沸騰となった本作。豪華絢爛なボイスキャストと洗練されたアニメーションにファンの期待が高まった予告編に相次ぎ、この度、画力抜群のコミックテイストで仕上げられた日本版ティザーポスターがついに解禁となりました!

解禁されたポスターは、『ミュータント・タートルズ:ミュータント・パニック!』のロゴと映画の公開日である8.25が中央に配されたスケボーが、黒地いっぱいに置かれるインパクト大!のデザイン。スケボーの裏にぎっしりと詰め込まれたグラフティアートに目を凝らすと、ラファエロの武器である釵(さい)や、ポーズを決める忍者、グラサンをかけた陽気なPIZZAマン、POWERという文字とともに突き上げた拳、そして骨アートなど、見れば見るほどヴェールに隠されたストーリーのヒントとなりそうな“意味深”なイラストから目が離せません!そしてスケボーを握る、赤い袖の力強いカメの手は一体だれのものなのでしょうか。

これまでセルアニメや実写との融合など多種多彩なフォルムで生み出されてきたタートルズ。その中でもアメリカ発のキャラクターらしいシリーズ屈指の質感が存分に感じられ、アンダーグラウンドな魅力に溢れた日本版ティザーポスターのお披露目で、ギークな“ミュータント・タートルズ”ファンだけではなく、映画を待ち望む全ての人の心をくすぐり、期待が高まります!

また、3/31から本作の予告編が全国の劇場限定で上映されることも決定しました!『スパイダーマン』シリーズでトム・ホランド演じるピーター・パーカー役や『呪術廻戦』の主人公・虎杖悠仁役などを演じ、若手人気声優として不動の地位を確立している榎木淳弥がタートルズ世代を代表してナレーションを務めています。このナレーションが入った予告編が流れるのは劇場限定なのでぜひチェックしてください。

クールで可愛い“誰も見たことのない”新たなタートルズに今後も是非ご期待ください。

アメリカでキャラクターが誕生してから38年。コミック・ゲーム・TVアニメそして映画シリーズと様々なコンテンツを生み出してきた大人気シリーズ『ミュータント・タートルズ』の最新作。『ミュータント・タートルズ:ミュータント・パニック!』のやんちゃで愛らしく、スタイリッシュなフォームの新たなタートルズたちの姿が、ついに全世界へとお披露目される予告編が世界一斉解禁されました!!
激カワなキャラクターデザイン、さらに見たことないグラフィカルなCGアニメーションにファンならずともテンションが上がる仕上がりになっています!

そして、日本の公開日が8月25日(金)に決定となりました!!

これまでに全世界170の国と地域かつ50言語で展開され、全世界での認知は93%に到達(※パラマウント・ピクチャーズ調べ)。映画シリーズ全世界累計興収は12億ドル(約1620億円=1ドル135円換算)を超えています。日本国内でも90年代に映画、アニメシリーズやゲームが公開・発売されて以降根強いファンベースを誇り、令和時代にもその“タートルズ熱”はなお加熱中!若年層にも人気のファッションブランドやセレクトショップなどとの様々なコラボで即完売する商品が多数登場、さらに主要コンソールでのクラシックゲーム、カプセルトイやフィギュアを中心としたコレクターズアイテムなど、ポップカルチャーのアイコンとしての存在感を確立し愛され続けています。そんな“世界中で最も愛されるカメ”たち4人の新たな劇場アニメ映画となる、『ミュータント・タートルズ:ミュータント・パニック!』が2023年に公開が決定となりました!

今回カメたちとタッグを組み“タートル・ファミリー”として参戦する、ハリウッドが誇る新進気鋭のクリエイターたちも強力すぎる布陣が実現!かねてより大のタートルズファンであることを公言し、世界的に大人気のコメディ俳優でもあるセス・ローゲン(出演『カンフーパンダ』『ライオンキング』、声の出演『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』ドンキーコング役など)が、スマッシュヒットした3DCGアニメーション作品『ソーセージ・パーティー』(2016)を世に送り出したコンビであるエヴァン・ゴールドバーグと共に本作を牽引し、今回もワイガヤの楽しい作品に仕上がることは間違いなしです!監督を務めるのは、Rotten Tomatoes97%フレッシュを獲得するなど批評家から絶賛を受け、第49回アニー賞で作品賞など最多8冠に輝き、第94回アカデミー賞長編アニメ映画賞にもノミネートされた『ミッチェル家とマシンの反乱』で共同監督としてデビューを飾った新進気鋭のフィルムメーカー、ジェフ・ロウ。ハリウッドで今最高にホットで楽しい新たな感性を持ったフィルムメーカーたちが、どう『ミュータント・タートルズ』を料理して仕上げてくるのか、世界中から熱視線が集まっています!

夜景の美しいニューヨーク、騒がしさも穏やかさもただようビッグシティの片隅で、マンホールから勢い良く飛び出す4体のカメ。ニンジャのごとき身のこなしで“影のヒーロー”として活躍しつつも、手裏剣ムーブをスマホで撮影しながらハプニングを起こしてしまう彼らこそ、ミケランジェロ、レオナルド、ラファエロ、ドナテロ、新時代の“ミュータント・タートルズ”たちです!手裏剣があさってのほうに飛んでいき警報音が鳴り響くも「なに?やばくない?」「しょがないっしょ」「ピザ食べいく?」とやんちゃ真っ盛りなティーンエイジャーらしく、調子もノリも良すぎてちょっとハミ出しかける彼らの愛くるしさが全快!トレードマークのカラフルなバンダナを装着し、お馴染みの武器である刀、六尺棒、釵(さい)、ヌンチャクももちろん健在で、洗練されたアニメーションによってパワフル&シャープな切れ味で映し出される姿に、タートルズを愛してやまないファンは問答無用で胸を熱くさせられ、これから彼らに出会う人々もまちがいなく心沸き立つはずです。予告の最後を締める“ウ~ズ”のジョークもみんな真似したくなること間違いなしです!これまで、セルアニメや実写との融合など多種多彩なフォルムで生み出されてきたタートルズのなかでも、アメリカ発のキャラクターらしいシリーズ屈指の質感によって新たな名シリーズ誕生を予感させる仕上がりになっています。

そして現地時間3月4日(土)には、本国アメリカでこの作品の吹替をつとめるキャスト陣が明かされ、カメたちの声にはミケランジェロにシャモン・ブラウン・Jr、レオナルドにニコラス・カントゥ、ラファエロにブレイディ・ヌーン、ドナテロにマイカ・アビーとハリウッド新時代を担っていく新鋭たちを起用。プロデューサーのセス・ローゲン自身もイノシシのビーバップ役で出演することをはじめ、痛快コメディ作品で活躍する俳優たちがずらりと顔をそろえる中で、日本でも人気の高いキャラクターであるタートルズの師匠、拳法の達人・スプリンター先生役をあのジャッキー・チェンが担当!さらにはサイのロックステディ役にWWEヒーローとして名を馳せ映画界でも存在感を放つジョン・シナ(『ワイルド・スピード』シリーズ)、本作から登場する新キャラのスーパーフライ役にヒップホップの伝説的存在であるアイス・キューブ(『アナコンダ』)、マッドサイエンティストのバクスター・ストックマン役にジャンカルロ・エスポジート(「ベター・コール・ソウル」、「マンダロリアン」)、マンタのレイ・フィレット役にグラミー賞ノミネートのラッパーであるポスト・マローン(『スパイダーマン:スパイダーバース』)、ヤモリのモンド・ゲッコー役にポール・ラッド(『アントマン』シリーズ)、タコのような宇宙人であるユートロム星人のシンシア・ユートロム役にマーヤ・ルドルフ(『ミッチェル家とマシンの反乱』『あの夏のルカ』声の出演、『リコリス・ピザ』)といった、オール・オブ・エンターテインメントともいうべき各界のスーパーヒーローが重要なボイスキャストで参戦していることが判明し大いに盛り上がっています。

ローゲンは自身のSNSで、「何年にもわたり取り組んできたこの映画(の予告編)をようやくみんなにお披露目できる、とてもワクワクしているよ!」と力強くコメント。

2023年、“誰も見たことのない”新たなタートルズに、世界中が魅了され愛されること間違いナシです!続報からますます目が離せません!